『環境と公害』編集委員会

日本環境会議へ

『環境と公害』第49巻 第4号 2020年4月号〔最新号〕

『環境と公害』

『環境と公害』第49巻 第4号 2020年4月号 目次

  タイトル 執筆者
リレー・エッセイ 辺野古問題と環境ガバナンス 磯野弥生 1
特集1 東日本大震災と原発事故<シリーズ38>:津波被災地の復興と環境・文化の継承再生   2
特集1 津波被災地における実践をふまえた計画論――経験的知見と具体的考察から規範の再構築へ 窪田亜矢 2
特集1 災害過程と歴史・文化をめぐる基礎論――三陸沿岸の津波被災地の村から考える 青井哲人 8
特集1 「防潮堤無し」を選択した舞根地区――自然環境保護を目的とした災害復旧工事 畠山信 14
特集1 沿岸地域の自然再生と防潮堤――岩手県越喜来湾における防潮堤の再建と環境回復 朝日田卓 21
特集1 《現地報告》人びとをつなぐ気仙茶――東日本大震災後の岩手県陸前高田市の市民活動 伊達浩憲 26
特集1 陸前高田の原風景と風土の復興 熊谷圭知 31
特集1 防災・減災とグリーンインフラの展望――欧州の政策を参考に 大久保規子 37
特集2 東日本大震災と原発事故<シリーズ39>:福島復興政策と財政   42
特集2 特集にあたって 除本理史 42
特集2 福島原発事故からの復興政策と財政――避難指示12市町村の財政分析に基づいて 井上博夫 43
特集2 原発災害からの被害回復と復興に向けた地方財政運営の課題――福島県南相馬市におけるコミュニティ再生と自治体内分権・参加型予算の可能性 関耕平 50
特集2 企業誘致をめぐる国と原発事故被災自治体の行財政――双葉郡川内村を事例に 藤原遥 57
投稿論文 カネミ油症の未認定問題――医師の領域設定から開かれた認定へ 宇田和子 63
会議動向 COP25の結果とCOP26に向けた課題 高村ゆかり 70

ご購読のご案内

岩 波書店の『環境と公害』ホームページから、本誌バックナンバーの注文が可能です。

定期購読会員へのおさそい

『環境と公害』は、岩波書店より年4回発行されています。定期購読の申込みは上記リンクから可能です。第48巻第1号(2018年7月号)から価格を改定す ることにいたしました。定期購読会員各位には、本誌への論文投稿の資格が与えられます。

『環境と公害』定期購読会員申込

日本環境会議入会申込(年会費一般8000円、学生5000円 で『環境と公害』の定期購読も可能)

投稿論文募集のお知らせ

『環境と公害』は、年4回投稿論文を募集しています。詳細な募集要項はこちらのページか らご確認ください。

第61回投稿論文募集受付期間  2020年07月16日~2020年07月22日

『環境と公害』創刊40周年記念CD-ROMアーカイブ』について

2013年、『環境と公害』編集委員会の母体となった「公害研究委員会」は、1963年の発足から数えて50年を 迎えました。また、1979年には「日本環境会議」が設立され、2014年に35周年を迎えました。これらを記念し、 本委員会では、『環境と公害』第1巻第1号から第40巻第4号までを収めたCD-ROM版を制作し、 2014年6月27日に刊行いたしました。

2002年にも、『『環境と公害』創刊30周年記念CD-ROMアーカイブ』を制作いたしましたが、今回は収録する 論文を10年分追加するだけでなく、30周年版にはなかった全文検索機能(一部はOCRデータによる簡易検索)を 付加しております。

本企画に関する情報

編集委員会からのお知らせ

本誌49巻2号掲載の土井論文に関する著者による訂正とお詫び

編集顧問・編集代表・編集同人・編集幹事