『環境と公害』編集委員会

日本環境会議へ

『環境と公害』第49巻 第1号 2019年7月号〔最新号〕

『環境と公害』

『環境と公害』第49巻 第1号 2019年7月号 目次

  タイトル 執筆者
リレー・エッセイ 海洋プラスチックごみと国・自治体 保母武彦 1
特集1 リニア新幹線は誰のための事業か:技術的課題と透明性の検証 2
特集1 リニア中央新幹線計画は誰のための計画なのか:リニア新幹線特集にあたって 礒野弥生 2
特集1 日本の屋根に穴を穿つリニア新幹線計画 松島信幸 7
特集1 リニア新幹線の安全性:“超高速地下鉄”のハイリスク 阿部修治 13
特集1 リニア新幹線に関する電磁波問題 荻野晃也 19
特集1 磁界について:JR東海の説明の経緯と問題点 懸樋哲夫 23
特集2 日本環境会議40周年記念神戸大会 25
特集2 戦後日本公害・環境史の教訓と当面の課題:JEC40周年を記念して 宮本憲一 25
特集2 世界の気候変動訴訟の動向:日本における気候変動訴訟への示唆 浅岡美恵 31
特集2 神戸製鋼の新設石炭火力発電所に関する公害調停・訴訟 杉田峻介 37
特集2 日本のエネルギー政策における原子力と石炭火力 大島堅一 44
特集2 日本環境会議神戸大会開催報告 大島堅一・島村健・除本理史 50
東日本大震災と原発事故<シリーズ35> 原発事故によるいわき市民の被害とコミュニティ分断:避難者を受け入れる住民への質問紙調査から 高木竜輔 54
投稿論文 アスベスト含有建築物の解体改修時における自治体立入検査の現状分析:大気中アスベスト濃度測定に着目して 飯田裕貴子・村山武彦・錦澤滋雄・長岡篤 60
緊急報告 辺野古問題のその後:危機に瀕する日本の民主主義 桜井国俊 67
会議動向 COP24の結果とCOP25に向けた課題 高村ゆかり 69
書評 寺西俊一・石田信隆・山下英俊編著『農家が消える:自然資源経済論からの提言』,寺西俊一・石田信隆編著『輝く農山村:オーストリアに学ぶ地域再生』 諸富徹 71

ご購読のご案内

岩 波書店の『環境と公害』ホームページから、本誌バックナンバーの注文が可能です。

定期購読会員へのおさそい

『環境と公害』は、岩波書店より年4回発行されています。定期購読の申込みは上記リンクから可能です。第48巻第1号(2018年7月号)から価格を改定す ることにいたしました。定期購読会員各位には、本誌への論文投稿の資格が与えられます。

『環境と公害』定期購読会員申込

日本環境会議入会申込(年会費一般8000円、学生5000円 で『環境と公害』の定期購読も可能)

投稿論文募集のお知らせ

『環境と公害』は、年4回投稿論文を募集しています。詳細な募集要項はこちらのページか らご確認ください。

第59回投稿論文募集受付期間  2019年10月18日~2019年10月24日

『環境と公害』創刊40周年記念CD-ROMアーカイブ』について

2013年、『環境と公害』編集委員会の母体となった「公害研究委員会」は、1963年の発足から数えて50年を 迎えました。また、1979年には「日本環境会議」が設立され、2014年に35周年を迎えました。これらを記念し、 本委員会では、『環境と公害』第1巻第1号から第40巻第4号までを収めたCD-ROM版を制作し、 2014年6月27日に刊行いたしました。

2002年にも、『『環境と公害』創刊30周年記念CD-ROMアーカイブ』を制作いたしましたが、今回は収録する 論文を10年分追加するだけでなく、30周年版にはなかった全文検索機能(一部はOCRデータによる簡易検索)を 付加しております。

本企画に関する情報

編集顧問・編集代表・編集同人・編集幹事